MacでソフトウェアRAIDを外付けHDDで組む

外付けHDDが2台余ったので、MacのTimemachine用に使いたい。

どうせならRAID1でミラーリングにして、バックアップを堅牢にしてみる。

MacのソフトウェアRAIDはディスクユーティリティで簡単に出来たので、使った道具と手順を記録しておく。

2台の外付けHDDでUSBが2つ塞がれてしまうのは辛いので、HDDが2台入るケースを購入。

外付けHDDを分解し、中の2.5インチHDDを回収。

先の商品にセットすれば準備完了。

ケースの大きさは3.5インチHDD1台分と同じ程度なのでコンパクト。

Macに接続したらディスクユーティリティを起動。

HDDが2台共認識されていることを確認する。


ソフトウェアRAIDを組むにはメニューにあるRAIDアシスタントを使う。

ディスクを選択して、使いたいRAIDを選ぶ。JBODも可能。

設定をどんどん進めていく。

ディスクユーティリティからRAIDアレイが出来ていることを確認。

今回はAPFSで作成したのでコンテナとして認識されている。

HDDは2台ともボリュームラベルが書き換わっていた。

それぞれのディスクを選択するとRAIDの設定が可能で、リビルドやディスクの増減が出来る。

スピードテストもまぁまぁ。

普段使いなら遅いが、Timemachine用の常時接続バックアップと考えれば十分かな?

今回はHDD2台まるごとソフトウェアRAIDを組んだが、パーティションを分けてソフトウェアRAIDを組むことも可能。

例えば1TBのHDDを500GBと500GBに分けて、500GBのパーティション同士でRAIDも作れる。

これで高いRAIDケースを買わなくても済む。

参考

Mac のディスクユーティリティを使用したディスクセットの作成方法の概要
Mac でディスクユーティリティを使用して、RAID(Redundant Array of Independent Disks)セット(1 つのディスクとして動作する複数のディスク)を作成します。
Mac でディスクユーティリティを使用してディスクセットを作成する
Mac で「ディスクユーティリティ」を使用して、RAID セットを作成し、記憶域のパフォーマンスを最適化したり、データを保護したりできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました