スポンサーリンク

Tensorflowでコサイン類似度のレイヤーを作る

Sentence Transformerの勉強をしている時、テキストの類似度を図る指標としてコサイン類似度が出てきた。

Cross-Encoders — Sentence-Transformers documentation

Tensorflowにはコサイン類似度を計算するlossやmetricsはあるが、Layerは存在しない。

tf.keras.losses.cosine_similarity  |  TensorFlow v2.10.0
Computes the cosine similarity between labels and predictions.
tf.keras.metrics.CosineSimilarity  |  TensorFlow v2.10.0
Computes the cosine similarity between the labels and predictions.

なので、Bi Encoderを試すために自分で作ってみた。

class CosineSimilarity(tf.keras.layers.Layer):
    def __init__(self):
        super(CosineSimilarity, self).__init__()

    def call(self, x, y):
        x = tf.linalg.l2_normalize(x, axis=-1)
        y = tf.linalg.l2_normalize(y, axis=-1)
        similarity = tf.reduce_sum(x * y, axis=-1)

        return similarity

計算があっているかどうか、以下の例で検算してみる。

A = [[0., 1.], [1., 1.], [1., 1.]]
B = [[1., 0.], [1., 1.], [-1., -1.]]

まずはTensorflowのlossから。

loss関数は最小化することを目的として作られているため、符号を反転することに注意。

similarity = -tf.keras.losses.cosine_similarity(A, B, axis=1)
similarity.numpy()

# tf.Tensor([ 0.          0.99999994 -0.99999994], shape=(3,), dtype=float32)

次にscikit-learnで検算。

全ペアの行列で帰ってくるため、対角のみを取得する。

from sklearn.metrics.pairwise import cosine_similarity

similarity = cosine_similarity(A, B)
similarity = np.diag(similarity)

# [ 0.  1. -1.]

最後に自作のレイヤー。

CosineSimilarity()(A, B)

# <tf.Tensor: shape=(3,), dtype=float32, numpy=array([ 0.        ,  0.99999994, -0.99999994], dtype=float32)>

全ての値が一致したので、自作レイヤーは正しそう。

これで、model内でコサイン類似度を扱うことが出来るようになった。


コメント

タイトルとURLをコピーしました