スポンサーリンク
その他

macのFinderで「ファイルが見つかりません」がスリープ復帰後に大量に出てしまう

macOS Montereyにアップデートしてから、スリープ復帰後にファイルが見つかりませんが大量に表示されるようになってしまった。 OSアップデートでそのうち修正されるかなーと思っていたが、12.4になっても治らないので何...
LeetCode

尺取り法、累積和、二分探索で209. Minimum Size Subarray Sum

総和がtarget以上になるような最小の部分列の長さを求める問題。 公式の最適解は2 pointersで、O(N)で解ける。 class Solution: def minSubArrayLen(sel...
Deep Learning

EfficientNet V2のデフォルトのinput_shape

TensorFlowにEfficientNetV2が実装された。 しかし、デフォルトのinput_shapeはNoneとなっており、学習時にリサイズさせる画像サイズがわからない。 TensorFlow Hubに...
AtCoder

AtCoder Beginner Contest 261の感想

リアルタイムで参加した。 A - Intersection 両端を求めて差を取るだけ。 距離を求めるので、計算結果がマイナスになったら0し忘れないようにする。 l1, r1, l2, r2 = ma...
LeetCode

947. Most Stones Removed with Same Row or Column

二次元座標平面上において、x座標またはy座標が共通の点を次々に削除していき、削除した個数を求める問題。 深さ優先探索 全ての座標から出発し、DFSを行う。 たどり着けた点を削除し、もう削除できなくなったら...
Prometheus

Grafanaのグラフで右側にY軸を表示する

Raspberry pi に温度と湿度を測れるセンサーを繋いでPrometheusに送り、Grafanaで可視化していた。 しかし、温度と湿度を同じグラフに載せると、それぞれの値が取りうる範囲が違うので、意図したスケールにな...
LeetCode

再帰、DP、法則性の3通りで343. Integer Break

Solution が無かったので自分の解法。 再帰 まずは具体例で考える。 n=10の場合、1と9に分けられる。9はさらに2と7、7はさらに3と4・・・というように樹形図のように分岐していく。 ある...
Deep Learning

HuggingfaceのTokenizerのvocabを取得する

Huggingfaceを使って自然言語処理を行っていた時、モデルごとのvocabularyの違いが気になった。 vocab.txt を見れば分かるのだが、Pythonで取得したかったので調べてみた。 まずはTokeni...
Deep Learning

PytorchでエラーRuntimeError: CUDA error: Device-side assert triggered

huggingfaceでDeBERTaを使っい、Masked Language Modeling(MLM)をした時に表題のエラー。 File "/usr/local/lib/python3.8/dist-pac...
Deep Learning

KerasでBERTの最終4層のhidden stateをconcatする

BERTのfine tuningをする際、最終4層のembeddingを使うと精度が向上する可能性がある。 サンプルコードはPytorchのばかりだったので、Tensorflow/Kerasでも再現し...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました